パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 関東・信越

ここから本文です

地方概況

--東京都--
■伊豆諸島北部では30日夜遅くまで、小笠原諸島では30日夜のはじめ頃から、高波に注意してください。

大陸の高気圧が西日本に張り出しています。一方、関東地方は気圧の谷となっています。
東京地方は、晴れや曇りとなっています。
30日は、大陸の高気圧が本州付近に張り出しますが、気圧の谷や寒気の影響を受けるため、晴れ時々曇りとなるでしょう。
12月1日は、大陸の高気圧が本州付近に張り出しますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、晴れ時々曇りとなる見込みです。
<天気変化等の留意点>伊豆諸島南部では、30日は、曇りとなるでしょう。12月1日は、曇りで夜は雨となる見込みです。(雨の予想)30日18時から12月1日18時までに予想される24時間降水量は、多い所で、伊豆諸島南部3ミリの見込みです。
【関東甲信地方】関東甲信地方は、おおむね晴れています。
30日は、大陸の高気圧が本州付近に張り出しますが、気圧の谷や寒気の影響を受けるでしょう。このため、晴れや曇りで、長野県北部では、雨や雪の降る所がある見込みです。
12月1日は、大陸の高気圧が本州付近に張り出しますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、晴れや曇りとなるでしょう。寒気の影響により、長野県北部では、雨や雪の降る所がある見込みです。
関東地方と伊豆諸島の海上では、30日は波が高く、12月1日は波がやや高いでしょう。船舶は高波に注意してください。

--新潟県--
■下越、佐渡では、1日明け方から高波に注意してください。新潟県では、30日夜遅くまで竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。

西高東低の冬型の気圧配置となっています。
県内は、雨又は曇りとなっています。
30日は、西高東低の冬型の気圧配置となり、寒気や湿った空気の影響を受ける見込みです。このため、雨で雷を伴う所があるでしょう。
12月1日は、冬型の気圧配置が続きますが次第に大陸から高気圧が張り出す見込みです。このため、雨時々曇りとなるでしょう。
<天気変化等の留意点>12月1日の留意点(雨、風、雷)は、特にありません。

続きを見る

  • 雨雲レーダー
    雨雲の動き
  • 天気図
    天気図
  • 気象衛星
    気象衛星

お天気ブログ

チーム森田の“天気で斬る!”

雨を表す「そばい」の語源 - 30日11時47分

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

[ 記事全文 ]

日直予報士

寒い師走のスタート 朝は3割以上で0度未満 北海道で真冬日も - 30日15時49分

師走のスタートは「寒い」一日に。全国の3割以上の地点で朝は0度未満、北海道...

[ 記事全文 ]

Facebook Twitter

天気・災害アプリ iPhone版、Android版