パーソナル天気

現在位置: 天気・災害トップ > 関東・信越

ここから本文です

地方概況

--東京都--
■小笠原諸島では、16日夜遅くまで高波に注意してください。

日本海から東北地方は気圧の谷となっており、関東甲信地方には湿った空気が流れ込んでいます。
東京地方は、おおむね曇りとなっています。
16日は、湿った空気や前線の影響を受けるため、曇りで夕方から雨の降る所があるでしょう。
17日は、前線が関東甲信地方を通過し、その後は西高東低の気圧配置となる見込みです。このため、雨で昼過ぎから曇りとなるでしょう。
【関東甲信地方】関東甲信地方は、おおむね曇りとなっています。
16日は、はじめ晴れる所もありますが、湿った空気や前線の影響を受けるため、曇りで雨の降る所があるでしょう。
17日は、前線が関東甲信地方を通過し、その後は西高東低の気圧配置となる見込みです。このため、曇りや雨ですが、午後は甲信地方南部を中心に次第に晴れるでしょう。
関東地方と伊豆諸島の海上では、16日はうねりを伴い波がやや高く、17日は波が高い見込みです。船舶は高波に注意してください。

--新潟県--
北陸地方は、気圧の谷の影響を受けています。
新潟県は、おおむね曇りで雨の降っている所があります。
16日は、華中から山陰沖にのびる前線や、夜には北日本を通過する寒冷前線の影響を受ける見込みです。このため、雨時々曇り又は曇りのち雨となるでしょう。
17日は、前線や寒気の影響を受ける見込みです。このため、雨のち曇り又は雨時々曇りとなるでしょう。

続きを見る