パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 九州

ここから本文です

地方概況

--福岡県--
■福岡地方の沿岸の海域と北九州地方の響灘では、17日昼前まで高波に注意してください。北九州、筑豊、筑後地方では、17日昼前まで濃霧による視程障害に注意してください。

九州北部地方は、高気圧に覆われて概ね晴れていますが、対馬海峡沿岸部では、寒気の影響により曇りで雨や雪が降っている所があります。
17日の九州北部地方は、高気圧に覆われて晴れる所もありますが、気圧の谷や寒気の影響により、概ね曇りで雨や雪が降る所があるでしょう。
18日の九州北部地方は、高気圧に覆われてはじめ晴れますが、気圧の谷や湿った空気の影響で、次第に曇りとなり雨や標高の高い所では雪が降る所があるでしょう。
波の高さは、対馬海峡では17日は3メートルでうねりを伴い、18日は1.5メートルでしょう。九州西海上では17日は2.5メートルでうねりを伴い、18日は1.5メートルでしょう。豊後水道では17日と18日は1メートルでしょう。福岡県の内海では、17日と18日は0.5メートルでしょう。

--鹿児島県--
■鹿児島県では、17日まで空気の乾燥による火の取り扱いに、種子島・屋久島地方、奄美地方では、17日朝は霜に対する農作物の管理に注意してください。

九州南部は、晴れています。奄美地方は、概ね曇りとなっています。
九州南部では、17日は、高気圧に覆われますが、気圧の谷の影響を受ける所があるでしょう。18日は、気圧の谷の影響を受ける見込みです。奄美地方では、17日は、高気圧に覆われますが、寒気や気圧の谷の影響を受ける所があるでしょう。18日は、気圧の谷の影響を受ける見込みです。
九州南部では、17日は、晴れますが、次第に曇る所があるでしょう。18日は、曇りで時々雨となる見込みです。奄美地方では、17日は、曇りで時々晴れるでしょう。18日は、曇りで次第に雨となる見込みです。
海上は、17日から18日にかけて、波がやや高いか多少波がある程度でしょう。
霧島山(新燃岳)上空およそ1500メートルの風17日03時北の風6メートル17日12時の予想北の風2メートル
桜島上空およそ1500メートルの風17日03時北の風6メートル17日12時の予想北東の風1メートル
<天気変化等の留意点>屋久島町では、17日は、晴れで次第に曇りとなるでしょう。18日は、雨で朝晩は曇りとなる見込みです。屋久島町では、17日まで空気の乾燥による火の取り扱いに、17日朝は霜に対する農作物の管理に注意してください。

続きを見る

  • 雨雲の動き
    雨雲の動き
  • 天気図
    天気図
  • アメダス(気温)
    アメダス(気温)

お天気ブログ

チーム森田の“天気で斬る!”

寒気去り 見落としがちな 危険性 - 17日7時04分

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

[ 記事全文 ]

日直予報士

日本海側の雪は弱まり、寒中らしい寒さ - 17日8時28分

きょう(17日)は冬型が緩んできますが、昼頃までは東日本の山沿いは大雪に注...

[ 記事全文 ]