現在位置:天気・災害トップ > 花粉情報 2022 > 関東・信越 > 神奈川県 > 横浜市港南区の花粉情報

ここから本文です

横浜市港南区の花粉情報

花粉飛散予報

  • 8月16日 ()

    ---

    ---

    曇時々晴 曇時々晴

    34℃ [+1]

    28℃ [+1]

    10%

  • 8月17日 ()

    ---

    ---

    曇一時雨 曇一時雨

    32℃ [-2]

    26℃ [-2]

    50%

1平方センチメートルあたりの花粉の個数を示しています。

  • 少ない(~10個)
  • やや多い(10個~)
  • 多い(30個~)
  • 非常に多い(50個~)
  • 飛散前・飛散終了

横浜市港南区の花粉情報を共有する

週間予報

  • 8月18日 ()

    曇時々晴 曇時々晴

    32℃

    26℃

    30%

  • 8月19日 ()

    曇時々晴 曇時々晴

    33℃

    25℃

    10%

  • 8月20日 ()

    曇時々晴 曇時々晴

    33℃

    25℃

    10%

  • 8月21日 ()

    曇時々晴 曇時々晴

    32℃

    25℃

    20%

  • 8月22日 ()

    曇時々晴 曇時々晴

    32℃

    25℃

    10%

ピーク予想

スギ花粉飛散のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松や広島、大阪、名古屋では3月上旬から中旬の予想です。金沢や仙台は3月上旬から下旬、東京では3月中旬から下旬となるでしょう。ピークの開始が例年よりやや遅くなるところがある見込みです。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。福岡や高松では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬の見込みです。大阪や名古屋、東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなり、時期はほぼ例年並みでしょう。金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない見込みです。

前シーズン比

九州や東北は地域差が大きく、四国、中国、近畿の飛散量は少ない見込みです。一方、東海、北陸、関東甲信、北海道は前シーズンより多いでしょう。九州や北陸、東北、北海道では非常に多く飛ぶ地域もある見込みです。前シーズンは症状が弱かった方も万全な花粉症対策が必要になりそうです。