パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 長期予報 > 暖・寒候期予報

ここから本文です

暖・寒候期予報(北海道)

2017年9月25日発表

<暖・寒候期>
予報期間 10月1日から5ヶ月
2017年9月25日発表

<予想される冬(12月から2月)の天候>
冬(12月から2月)の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。
北海道日本海側・オホーツク海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。北海道太平洋側では、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。
冬(12月から2月)の平均気温は、平年並または高い確率ともに40%です。
冬(12月から2月)の降水量は、北海道太平洋側で平年並または多い確率ともに40%です。
冬(12月から2月)の北海道日本海側の降雪量は、平年並または少ない確率ともに40%です。

■冬(12月から2月)の確率(%)
--降水量--
[確率]     低:並:高
北海道日本海側 30:40:30
北海道オホーツク海側 30:40:30
北海道太平洋側 20:40:40

--気温--
[確率]     低:並:高
北海道地方   20:40:40

--降雪量--
[確率]     低:並:高
北海道日本海側 40:40:20

寒候期予報については、10月の3か月予報発表に合わせて予報内容を再検討し、変更がある場合には修正発表します。また、11月の3か月予報発表以降、冬の予報については、最新の3か月予報等をご利用ください。
なお、12月までの各月の予報については、最新の3か月予報等をご覧ください。


気温
降水量
降雪量