パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 過去の天気 > 鳥取県 > 中・西部(米子)

ここから本文です

中・西部(米子)の過去の天気

1月
低気圧や前線が本州南岸を短い周期で通過し、東・西日本の太平洋側では曇りや雨または雪の日が多かった。西日本では降水量も多かったが、南岸を通る低気圧はあまり発達せずに通過したため、東日本太平洋側では降水量が平年を下回った。月半ばには冬型の気圧配置が強まり、北日本と東日本を中心に寒気が南下した。しかし、日本海から北日本付近での低気圧の発達は少なく、また、東海上での発達も弱かった。このため、東日本日本海側と北日本では、降水量は少なく、特に北日本太平洋側では1946年以降第1位の少ない記録となった。
30 31 1
雪
4/0
2
晴れ
5/0
3
晴れ
9/2
4
曇り
9/2
5
晴れ
12/2
6
晴れ
15/1
7
曇り
15/5
8
晴れ
13/7
9
晴れ
13/3
10
晴れ
14/1
11
曇り
14/5
12
曇り
12/9
13
曇り
6/3
14
晴れ
6/1
15
晴れ
10/-1
16
晴れ
7/5
17
曇り
5/1
18
曇り
8/0
19
晴れ
7/0
20
雨
4/2
21
曇り
7/4
22
曇り
8/3
23
曇り
8/4
24
晴れ
7/3
25
曇り
4/1
26
晴れ
7/0
27
晴れ
5/0
28
曇り
6/-2
29
曇り
7/1
30
曇り
8/3
31
曇り
5/1
1 2
2月
上旬や下旬には、短い周期で低気圧が日本付近を通過し、天気は数日の周期で変わった。また、中旬には冬型の気圧配置が続き、ほぼ全国的に低温となったほか、北日本を中心に雪や強風に見舞われた。沖縄・奄美では上・下旬には低気圧や前線の影響で、中旬には季節風の影響で曇りや雨の日が多かった。低気圧の通過、発達にともない、上旬には、東・西日本太平洋側でも曇りや雨または雪となったほか、中旬以降は日本海側の地方では大雪に、また太平洋側の地方も含め強風に見舞われ、特に12日から15日にかけてと、23日から24日にかけては暴風雪、高波、強風などにより被害が発生した。
27 28 29 30 31 1
晴れ
6/0
2
曇り
8/0
3
曇り
7/2
4
雨
7/2
5
曇り
6/1
6
晴れ
6/1
7
雪
4/0
8
曇り
4/1
9
晴れ
7/-1
10
晴れ
8/2
11
晴れ
11/1
12
曇り
8/4
13
晴れ
3/-1
14
晴れ
6/-2
15
晴れ
6/0
16
晴れ
5/0
17
雪
1/-1
18
曇り
6/-1
19
曇り
8/0
20
曇り
9/-1
21
晴れ
11/-2
22
晴れ
14/2
23
雪
10/5
24
雪
3/-2
25
晴れ
7/0
26
雨
8/3
27
雨
7/1
28
晴れ
10/-1
29
晴れ
14/3
1
※データは、15時の観測速報となります
※「---」は未観測、もしくはデータの欠測(データ未伝送など)となります
※天気はアメダスのデータをもとに判別しているため、実際と異なる場合があります