パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 過去の天気 > 愛知県 > 西部(名古屋)

ここから本文です

西部(名古屋)の過去の天気

9月
上旬には東西に広く伸びた前線が南下したことや、大型で非常に強い勢力に発達した台風第14 号が九州の西岸を比較的ゆっくりとした速度で北上したため、各地で日雨量の記録を更新する等、記録的な大雨となった所があった。そのほかの日は、低気圧や前線が北日本から日本の北を通過することが多く、北日本や東日本日本海側を中心に雨の降る日もあったが、全国的に高気圧に覆われ晴れて残暑の厳しい日が多かった。このため、月平均気温は全国で高かったが、北日本では下旬に寒気の影響を一時的に受けたため下旬の気温は平年並となった。
28 29 30 31 1
晴れ
33/24
2
晴れ
34/26
3
晴れ
34/24
4
曇り
31/24
5
曇り
25/23
6
曇り
32/23
7
晴れ
31/25
8
晴れ
33/23
9
曇り
31/23
10
晴れ
31/25
11
曇り
30/24
12
晴れ
33/23
13
晴れ
34/25
14
晴れ
33/25
15
晴れ
31/21
16
晴れ
27/22
17
曇り
30/21
18
晴れ
32/22
19
晴れ
33/23
20
晴れ
31/23
21
晴れ
31/22
22
曇り
24/22
23
晴れ
32/23
24
曇り
31/23
25
晴れ
29/21
26
晴れ
30/21
27
晴れ
27/19
28
曇り
20/18
29
晴れ
26/19
30
晴れ
27/18
1
10月
寒気の南下は、月を通して平年に比べ弱く、月平均気温は全国的に高温となった。東日本と西日本では日本海の前線に向かって暖かい空気が入り、1 日から2 日は真夏日となり10 月の日最高気温の記録を更新した地点もあった。天気は数日の周期で変化したが、秋雨前線は本州南岸に停滞することが多かった。このため、東北地方から西日本にかけての太平洋側を中心に曇りや雨の日が多かった。また、北日本日本海側では寒気の影響によるしぐれは少なく、平年に比べ晴れの日が多かった。台風の発生は2 個(平年3.9 個)と少なかったが、台風第19 号が1 日に先島諸島に接近し、台風第20 号が18 日に伊豆諸島南部に接近した。
25 26 27 28 29 30 1
晴れ
28/19
2
晴れ
30/20
3
曇り
29/20
4
雨
26/21
5
曇り
20/19
6
晴れ
27/18
7
雨
26/18
8
雨
24/20
9
晴れ
27/17
10
曇り
20/19
11
曇り
23/18
12
晴れ
27/18
13
晴れ
26/18
14
晴れ
27/17
15
曇り
22/18
16
曇り
26/17
17
雨
21/19
18
曇り
23/17
19
晴れ
24/14
20
晴れ
24/13
21
晴れ
24/12
22
曇り
21/16
23
曇り
15/9
24
晴れ
21/11
25
晴れ
22/11
26
晴れ
21/12
27
晴れ
23/14
28
晴れ
23/12
29
曇り
17/15
30
晴れ
21/13
31
晴れ
20/11
1 2 3 4 5
※データは、15時の観測速報となります
※「---」は未観測、もしくはデータの欠測(データ未伝送など)となります
※天気はアメダスのデータをもとに判別しているため、実際と異なる場合があります