パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 過去の天気 > 神奈川県 > 東部(横浜)

ここから本文です

東部(横浜)の過去の天気

1月
 上旬と下旬後半は冬型の気圧配置が続かず、寒気の南下が弱かったため、気温が顕著に高くなった日があった。一方、中旬から下旬前半にかけては日本付近に寒気が南下し、冬型の気圧配置が強まった。全国的に気温が平年を下回り、日本海側では中旬は東北地方から山陰にかけて、下旬前半は西日本を中心に大雪となり、広島(広島県)で15日に19cmの積雪となるなど、太平洋側でも大雪となった所があった。月平均気温は、上旬と下旬後半の顕著な高温の影響で、沖縄・奄美でかなり高く、東・西日本で高かった。また、西日本では、太平洋側では冬型の気圧配置が緩んだ時期も低気圧や前線の影響を受けにくく、日本海側では寒気の影響を受ける時期はあったものの、月としては寒気の影響が弱く、太平洋側・日本海側とも日照時間がかなり多かった。
1
晴れ
14/4
2
晴れ
13/6
3
晴れ
14/5
4
晴れ
15/5
5
晴れ
11/6
6
晴れ
9/3
7
晴れ
9/1
8
雨
7/2
9
晴れ
12/4
10
晴れ
12/5
11
晴れ
11/5
12
晴れ
12/2
13
晴れ
13/5
14
晴れ
8/1
15
晴れ
6/-1
16
晴れ
9/0
17
晴れ
11/3
18
晴れ
10/2
19
晴れ
11/5
20
曇り
5/2
21
晴れ
11/2
22
晴れ
14/2
23
晴れ
8/3
24
曇り
8/0
25
晴れ
10/0
26
晴れ
10/1
27
晴れ
16/4
28
晴れ
13/6
29
晴れ
12/6
30
晴れ
19/8
31
晴れ
11/4
1 2 3 4
2月
北日本では、北からの寒気の影響が弱く、月平均気温が高く、日本海側の降雪量はかなり少なかった。低気圧が北日本付近を通ることが多く、北日本日本海側では日照時間が少なかった。また、低気圧の影響が大きかった東北日本海側では、降雪量は少なかったが、雪ではなく雨の降る日もあり、降水量はかなり多かった。一方、東日本から沖縄・奄美では、上旬後半から中旬前半に冬型の気圧配置が強まり、大陸から強い寒気が流れ込んだ。太平洋側は晴れた日が多かったが、日本海側は西日本日本海側を中心に大雪となった。鳥取(鳥取県)では、11日に積雪が91cmに達し、1983/84年冬以来33年ぶりに90cmをこえ、交通障害や農業施設被害が発生した。中旬後半は低気圧が日本海を北東に進んだため、南よりの風が強まり気温が上昇し、各地で春一番が吹いた。東日本以西は、気温の高い時期と低い時期があり、月平均気温は西日本と沖縄・奄美は平年並だったが、東日本は低温の程度が弱く高かった。東日本太平洋側と西日本は、低気圧の影響が小さく、高気圧に覆われる日が多かったため、日照時間は多く、西日本太平洋側ではかなり多かった。
29 30 31 1
晴れ
11/3
2
晴れ
10/2
3
晴れ
14/3
4
晴れ
12/5
5
曇り
9/5
6
晴れ
15/5
7
晴れ
11/4
8
晴れ
11/4
9
雪
7/2
10
曇り
10/2
11
曇り
10/0
12
晴れ
11/2
13
晴れ
12/2
14
晴れ
11/3
15
晴れ
12/2
16
晴れ
14/3
17
晴れ
19/8
18
曇り
12/7
19
晴れ
12/3
20
曇り
19/4
21
晴れ
10/5
22
曇り
10/3
23
晴れ
18/10
24
晴れ
12/6
25
晴れ
12/5
26
晴れ
13/5
27
曇り
9/6
28
晴れ
9/4
1 2 3 4
※データは、15時の観測速報となります
※「---」は未観測、もしくはデータの欠測(データ未伝送など)となります
※天気はアメダスのデータをもとに判別しているため、実際と異なる場合があります